言えば何でもやってもらえると思わないで欲しい

先日、会社関係のパーティーがありました。
そこで写真撮るのが好きな方がいて後日大量の写真をメディアに入れて会社に持ってきて下さいました。
それを見た社長が参加してくれた方全員に見せたいと言うことになり会社で焼き増しをすることになりました。しかも発送は数日中にしたいとの事だったのですぐにメディアを買ったり発送用のプチプチがついた封筒を用意したりとバタバタしながらも通常業務後に取りかかりました。
社員が帰った後に事務員で書き込み出来るパソコンを探しだし六台を使い60枚焼き増ししたのですが倍速が殆どのパソコンで使えずに一枚焼くのに5分位かかってしまいなんだかんだで三時間位かかってしまいました。
こんな事なら業者に頼んで欲しかったのですが会社からすれば頼むより私たちに頼んだ方が安く済むからと言うことだと思います。社長は言えば簡単に出来ると思う節があるようでよく私たち事務員に無理難題を押し付けてきます。
この記事を読んではっとした全国の社長さんは無理難題を押し付けていませんか?

ド定番なのはそれなりの魅力があるからです。

今更ながらド定番のお菓子の魅力にハマっています。
現在ヘビロテで食べているのはポッキーとプリッツです。
ポッキーは以前までは抹茶や色んな味の少し高級な物を好んで食べていました。
しかし、最近極細ポッキーを食べてから普通のポッキーの美味しさを再発見しました。
特に私は極細ポッキーが大好きです。
誰が考えたのか分かりませんが、ただポッキーを細くしただけでこんなにも美味しくなるのか!と驚く程です。
ポッキーの噛んだ時の軽い感じや食べても食べてもどんどん入っていくエンドレスな感じがたまりません。
週に何度でも食べてしまいます。
プリッツにハマったのは数年ぶりです。
一度期はプリッツのサラダ味ばかりを食べていました。お菓子を買いに行ってもサラダ味にプリッツさえあればいい状態でした。
そんな私が久しぶりにローストを食べてみました。
昔のローストと少し感じが変わっているんですね。
ごろごろした砂糖がコーティングされているのです。このほの甘い感じが何とも言えません。
これもエンドレスに食べる事が出来ます。
出来れば昔のローストが食べたいです。