桃田賢人の活躍が凄く、彼はどこまで伸びるのか

駒沢体育館で行われた全日本選手権で、彼が三年ぶりの日本一に輝いたことは、さすがだと思いました。
現在の世界ランキング一位にもなっている彼だから当然なのかもしれませんが、紆余曲折あった彼だからこそこの一位はバドミントン好きからしたら嬉しいものだとおもいます。
第一ゲームでの、桃田の凄さはジャンピングスマッシュや、ラインぎりぎりに回転をかけて落とす技など、どれをとっても感心させられてしまう技ばかりでした。
そして第二ゲームでは、負けてしまいそうになったところもあるものの、そこは持ち前の強打を持つ彼が試合を制したところはかっこ良く思えました。
第三ゲームでは同級生との対戦となったが、彼の多く持っている技を駆使しながら、流れを自分の方へ持ってくるなどしながら見事勝利を勝ち取ったところは勢いの凄さを感じることが出来たと思います。
昨年は処分後に初めて出たせいもあってか八強だったものの、今年は見事一位となり彼の実力が分かり良い試合だったと思います。
今後の彼の成長と勢いも気になるところだと思いました。ミュゼ 背中 脱毛

不足している物を補いたい気持ち、沢山のしがらみから離れたい気持ちとで日々が過ぎていく。

 お昼にお刺身を頂く。一週間仕事を頑張ったので、週明けにはプチ贅沢したくなってしまう。最近は個食生活なので、以前のように会社帰りに慌てて帰宅して食事の用意をしたり、みんなの栄養バランスを考慮して買い物に、献立に注意を払わなくてよくなり、すごく楽をさせてもらっている。
 一人の贅沢時間をゆったり過ごせることを好むか、がちゃがちゃ騒音と闘いながらもにぎやかな食卓が好きだと思うかは、人それぞれだと思う。要は、自分には何が好ましいのか、それが大事である。全員「好き!」が同じではないので、当然日常の様々なシーンにも、耐えられる事、耐えられない事は違うものだ。それが今世でわかっただけでも来世はきっと有意義な人生を送れると思っている。
 ところで、人というのは贅沢なもので、個食は味わいたいけれど、たまには誰かと楽しく食事をしたい、とも思ってしまう。来月にはたくさんの人と会う予定を入れてしまい、きっと再来月はまた、一人の時間を満喫していそうだ。ミュゼ vio